ビタミンK

ビタミンKは脂溶性のビタミンで、1930年ごろ発見されました。
このページでは、ビタミンKがどんな働きをして、体にどんな効果を与えているのか。
また、どんな食材に含まれているのかを説明していきます。

ビタミンKとは

ケガなどで出血しても、時間が経つと自然に血は止まります。
これは体内に血液を凝固させるのに必要なたんぱく質(血液凝固因子)があるため。
ビタミンKは血液凝固因子であるプロトロンビンが肝臓で作られるときに必要な物質です。

一方、血液は出血した場所以外では正常に流れなければなりませんが、これには血液の凝固をおさえる物質が作用します。
この物質の合成にもビタミンKの働きが必要です。

また、ビタミンKはビタミンDとともに骨の健康にも不可欠なビタミンで、骨粗しょう症予防の治療薬としても使われています。

ビタミンKの効果

・血液を凝固させ止血する
・骨の健康を保つ

不足すると、止血しにくくなり、骨ももろくなります。
しかし、ビタミンKは腸内細菌からも作られるのでほとんど不足する心配はありません。

ビタミンKを多く含む食材

・納豆
・モロヘイヤ
・小松菜
・ほうれん草
・春菊
・キャベツ
・抹茶
・わかめ
など

葉野菜や納豆などに多く含まれています。
摂取基準は(大人)1日60ug~75ugで、小松菜1/8束、モロヘイヤなら1/10束、納豆少々で摂れる量です。
とはいっても納豆2パック食べたところで摂りすぎになることはありません。

一度に相当量を摂りすぎたとすると、吐き気や呼吸困難、血圧の低下などを起こします。

コメントを残す